ロック魂_プログレッシブ・ロック特集(TBSラジオ_土26:00〜28:00)

ロック創世記の60年代から円熟期の80年代半ばまでを毎回1アーチストを徹底的に特集する音楽番組のはずなんだけど、番組の売りはマニアックな音楽ネタよりもMCの温めのトーク*1のような気がします。
プログレッシブ・ロック特集ということで、1曲が非常に長いので普段は20曲程度掛かるのに今回は13曲*2と少なめでした。
ところで1曲目の「1ST CENTURY SCHIZOID MAN」*3って邦題がNGになったのでしょうか?
AMラジオでプログレを1曲丸ごと掛けるのはこの番組だけと天然記念物モノなんですが、10月の改編からコサキン移転の煽りを受けて30分短くなることになりました。

*1:今回はBGMに流れていた「吹けよ風呼べよ嵐」時空の舞踏 (紙ジャケット仕様)にちなんでプロレスネタ

*2:BGMも普段と違ってプログレが掛かっていたので実際にはもう少し多いはず

*3:邦題「21世紀の精神○常者」 確かに問題視されそうな曲名です。